2006年05月

2006年05月31日

【京都街角】『いよいよ明日から夜の納涼床』木屋町

いよいよ明日から夜の納涼床

P1100892

明日からいよいよ六月になりますと、いよいよ京都・鴨川の納涼床が
夜間も開かれる事となります。京都の夏の風物詩は、沢山あれど、
やはり人気が高いのは納涼床となるようです。

春祭もまもなく終り、蒸し蒸しする梅雨を経て、夏の祇園祭へと京都
は動いて参ります。写真は、納涼床を行っているお店の店先です。
Photograph by NOB


2006年05月30日

【恋する京菓子】『夏も近づく京の水無月』

夏も近づく京の水無月

P1100866

少し早いですが、昨日御紹介致しました通り、『水無月』が出てまいりました。
という訳で、早速購入を致しました。本日購入したのは、普通の「水無月」と
抹茶の「水無月」で御座います。

ちょっと早いかもしれませんけど、やはり一口入れますと気持ち涼しく感じます。
ちなみに『水無月』は六月三十日に行われる夏越祓の日に食べる季節菓子です。
下は白の外郎(ういろう)、上には小豆が載せられ、これには悪魔払いの意味が
ありますし、形が三角形をしているのは氷を表しています。

旧暦六月一日を「氷の節句」とし、宮中行事として「氷室」と呼ばれる地区から
献上された「氷」の解け具合からその年の豊凶を占いました。
その氷を口にすると夏痩せしないという謂れから、臣下達にもその氷が振舞われ
ました。しかし、当時の庶民には貴重な夏の水。簡単に氷を作ったり食したりを
する事が出来ない事から、この貴族達の風習に習い、氷の代わりにそれを象った
『水無月』を食べる事で暑気を払うようになりました。
Photograph by NOB


2006年05月28日

【恋する京菓子】『そろそろお目見え水無月の京』

そろそろお目見え水無月の京

ひさしぶりにこちらのコーナーを綴ってみようと思います。
この時期になりますと、私もお菓子屋さん・おまんじゅう屋さんに、
目が行ってしまいます。というのは、やっぱり出てきました「水無月」。

ムシムシする季節になってきますと、「みな月」という文字が店頭を
飾り始めるんです。昨年も色んなお店の『水無月食べくらべ』というのを
友人、知り合い達と行い、わいわいがやがやしていたものです。
しかも、うちでは手作り水無月にも挑戦しましたからね。

『水まんじゅう』もそろそろ出てきました。

いよいよ京菓子も夏に向かっています。

【KYOTO★STYLE】『静かな憩いの場』梨木神社

静かな憩いの場

P1100845

まもなく梅雨に入ろうかとする京の午後。段々と湿度も高くなったのでしょうか
ちょっとムシッとしてきたように感じます。そんな時は静かで木々に囲まれたところ
へ行きたくなります。

そこで、訪れたのが『梨木神社』さんでした。『梨木神社』さんといいますと
三條実万(さねつむ)、実美(さねとみ)父子が祀られ、京都三名水「染井」が
ある京都御苑東部に位置する小さな神社です。萩の名勝としても有名で初秋には
多くの参拝客が訪れます。

今日は、涼み散歩がてらにふらりと立寄ってみました。細くて静かな境内を歩き、
本殿で参拝をします。そして、ちょっと周りを眺めてみますと、ふと京都の町中
とは思えない緑の多さに、心潤されます。
Photograph by NOB


2006年05月27日

【京言葉】『おぶ』

おぶ

京都にとって無くてはならないもの『おぶ』。

もちろん、意味は『お茶』の事なのですが、人によっては京都独特の語尾をのばし、
『おぶぅ』と表現します。どちらかと言いますと「ぶぶ漬け」を連想される事が多い
為に「(お)ぶぶ」という表現の方が先行しがちですが、どちらも京言葉です。

この時期、じめじめと湿った季節に入っていく京都にとって「ぶぶ漬け」は欠かせま
せんし「おぶ」も喉を潤してくれるものとしても、京都では欠かせない物なのです。

2006年05月26日

【KYOTO★STYLE】『今年の平安絵巻の最後』賀茂別雷神社・葵祭

今年の平安絵巻の最後

いよいよ『賀茂祭』の最終地点『賀茂別雷神社(上賀茂神社)』に行列は到着を致しました。
本列である近衛使代列をはじめ、女人列などが次々と参道に進み、二の鳥居をくぐります。
その様子は、また人それぞれ緊張感を持った面持ちで参道を歩まれます。

私は二の鳥居内の境内での神事を拝見する事は出来ませんでしたが、境内中では本殿社参
の後、勅使による御祭文の奏上が執り行われ、そして、橋殿において、舞楽「東遊」等の
奉納が執り行われました。

それでは、葵祭の行列が上賀茂神社参道を歩まれる様子を御覧頂きたいと思います。

P1100450
続きを読む

【KYOTO★STYLE】『賀茂川の堤を歩く』加茂街道・葵祭

賀茂川の堤を歩く

緑豊かな加茂街道は、賀茂川の西岸に沿って続いています。
『下鴨神社』におきまして、社頭の儀が執り行われた後、この加茂街道を通り
『上賀茂神社』へと向かいます。現在は、下鴨神社から北上して北大路通りを通り、
賀茂川を渡り、加茂街道へと出ていますが、昔は一度南下をし、現在、家庭裁判所の
ある葵橋を西へと渡り、加茂街道を北上しておりました。

その折には、賀茂川の河川敷には多くの人々が並び、葵橋を見上げて、華やかな御所車
や行列が通る様子を眺めていたといい、比叡山を眺めながらの本当になんとも京都らしい
情景がこの街道では見られたといいます。

今回は、その情景に少しでも近づけるような写真も収めました。
是非ともその部分を含めて、葵祭の様子を遅ればせながら楽しんで頂きたいと思います。

P1100376

続きを読む

2006年05月25日

【お知らせ】『TBが出来にくくなっております。』

TBが出来にくくなっております。

いつもSt.KYOTOを御覧頂きまして、誠に有難う御座います。
ここ数日、本Blogの記事におきまして、TBが出来にくい状況が続いております。
夜間から深夜にかけてのlivedoorサーバーへの負荷集中が原因と考えられます。

皆様には、誠にご迷惑をおかけいたしておりますが、何度かTBを試行して頂きます
よう御願いを申し上げます。

今後ともどうぞ宜しく御願いを致します。

2006年05月24日

【京都街角】『雨に濡れる美しさ』

雨に濡れる美しさ

P1100539

『上賀茂神社』さんの境外摂社の大田神社。古くは恩多社と呼ばれてとも言われ、
とても古い神社であります。この神社にある池は杜若(かきつばた)で有名で、その
美しさは平安時代から知られているのでした。

藤原俊成が読んだ和歌の中にもこのような歌があります。
「神山や 大田の沢の カキツバタ ふかきたのみは 色に見ゆらむ」

そんな美しい杜若を雨が濡れた、また普段とは違った様子を写真に収めてみました。
雨に濡れる事で、またしとやかさ静けさが一層感じられるように思います。
Photograph by NOB


【KYOTO★STYLE】『糺の森を彩る斎王代列』賀茂御祖神社・葵祭

糺の森を彩る斎王代列

P1100342

『賀茂祭』の行列は京都御苑を出発し『賀茂御祖神社(下鴨神社)』に到着しました。
この下鴨神社の森に囲まれた参道には、多くの観覧客の皆さんが行列が近づくと感動の
声を漏らしておられました。

『糺の森』は、旧山代原野の原生樹林の植生を残す唯一の森林です。
その森林に囲まれた参道を歩く行列の様子を見ていますと、本当に平安王朝の時代に
タイムスリップしたかのように感じます。
Photograph by NOB


About copyright
◆当Blog掲載写真について
本サイトにおける掲載写真については、下記リンクを御覧下さい。

*掲載写真について

©2004-2006 St.KYOTO all rights reserved.
Search
Google

wwwを検索
St.kyoto内を検索




Infomation
京の暦
『livedoor wiki』を用いて、京都の事を少しずつまとめております。暦は月ごとに更新しております。旅の計画にお役立て下さい。

京都ブログポータルサイト
京都の観光情報や寺社仏閣・史跡、歴史・文化・伝統、そして京町家や街並みなど、京都のあちこちを紹介するブログのポータルサイトです!
PhotoSlide
Recent Comments
My Link
■BlogPeople
★St.KYOTOを登録★by BlogPeople

■Mybloglist

Special Focus
●季節限定特別サイト●
KBS京都内『京の桜日記2007』
京の桜日記
京都新聞社内『京都の桜情報』
京都の桜情報
京都新聞社内『京都おもしろ宣言』
京都おもしろ宣言



■KYOTO■
(報道メディア)
・京都新聞社内『京菓子小町』

KBS京都内『Love*Kyoto』
Love*Kyoto
・ABC朝日放送内『京都BB』
http://www.asahi.co.jp/kyotobb/top.html
・MBS毎日放送内『京都見聞録』
http://www.mbs.jp/ky/
・KTV関西テレビ内『関西テレビ☆京都チャンネル』
http://www.kyoto-channel.com/

(自治体・協会等)
・京都市観光協会
京都市観光協会
・京都市観光文化情報システム
京都市観光文化情報システム
・京都市文化市民局文化課
京都芸術文化情報リンク
・京都館
http://kyotokan.jp/

(etc...)
JR東海サイト内『そうだ、京都、行こう』
そうだ、京都、行こう
・YSC-京の玉手箱
http://www.kyt-ysc.co.jp/index.htm
・京都じっくり観光
嵐山・嵯峨野散策ガイド
・京都和菓子協会
京都和菓子協会
・裏千家ホームページ
http://www.urasenke.or.jp/
・宗榮先生HP
http://www.15-1a.com/
・Keiko ASO's SEASONing
http://www.keiko-aso.com/


■京都の知識■
・京都新聞・電子版(京都のNews)
http://www.kyoto-np.co.jp/
・国際日本文化研究センター(歴史文献)
http://www.nichibun.ac.jp/
・京言葉(文法・アクセント)
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/
・さいさい京野菜倶楽部(京野菜)
http://www.joho-kyoto.or.jp/~furusato/
・京の駒札(京都の寺社仏閣説明)
京の駒札
フィールド・ミュージアム京都(京都の歴史検索)
フィールド・ミュージアム京都
・上京歴史探訪館
上京歴史探訪館
京都検定/全問題&解答(京都新聞電子版)
京都検定/全問題&解答


■伝統文化■
・能楽(独立行政法人日本芸術文化振興会)
能楽への誘い〜能楽鑑賞の手引き〜

・歌舞伎役者の屋号一覧(Wikipedia)
歌舞伎役者の屋号一覧


■Cafe■
東京カフェマニア


■Media■
『α−STATION』FM89.4Mhz
α-STATION InternetRadio『KYO.fm』
『三条ラジオカフェ』FM79.7Mhz
『fm GIG』FM81.8Mhz


★Personal
マカロニ・アンモナイト
TB京都おみやげ案内
TB京都どす
Profile
一匹狼★NOB
◆NOBの基本的な情報◆
6月生まれ。B型。
性格はおだやか。

■簡単なプロフィール■
京都で生まれ育つ。京都を見直すために、一時期、活動拠点を大阪に移すが、再び京都に活動拠点を戻す。京都市内であれば自転車で走っていく。趣味は、水泳、散歩、音楽を聴く、読書、サイクリング。PC歴8年以上。好きな食べ物は、出町ふたばの「豆餅」と緑寿庵 清水の「金平糖」。

◇好きな場所◇
賀茂川・鴨川・高野川・下鴨神社(糺の森)・京都御所・進々堂・円山公園・哲学の道・京都駅etc

★お気に入りのモノ★
お香・外国のStationery・和風小物・和食(おばんざい)・食器・お茶・本etc

□最近お気に入りの本□
茶の本・麻生圭子さんの本・京都関係の本etc

+ネット検定終了証一覧+
Yahoo!インターネット検定「認定アイコン」

○問い合わせはこちらまで○
info@st-kyoto.info
@はスパムメール対策の為、
全角に表示しています。


★Feed Meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/st_kyoto/

☆このWebBlogのメインHP☆
Blogpet
Ranking
Blog Rankingに登録をしました。
 blog Ranking

↑をクリックしていただくと、1票、投稿されます。もしよろしければ、ワンクリックしてください。
flickr
flickrを導入検討中です。
http://www.flickr.com/photos/kyoto-style/
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)