2005年10月

2005年10月31日

【雑談】『黄梅院にてプチ対談』

<黄梅院にてプチ対談>

こんばんは。
本日は、いつもお世話になっております『らくたび』さん主催の『らくたびツアー』に
参加をさせて頂きました。『らくたび』の皆さん誠に有難う御座いました。

北野天満宮

『北野天満宮』さんをスタート致しまして、『千本釈迦堂』さん、『釘抜き地蔵』さん、
更には、『千本ゑんま堂』へ。そして『上品蓮台寺』を訪れ、船岡山の建勲神社へと
場所を移しました。最後には、大徳寺塔中であります『聚光院』の特別拝観に伺う事が
出来ました。

今回のツアーの様子は、後日110フィルムが同時プリントが仕上がりましたら、
御紹介をさせていただきます。また、『らくたび』さんの方でもツアーの様子を
御紹介されることと思いますので、そちらも楽しんでいただければと思います。

さて、ここからが本当の話題。
といいますのは、『聚光院』さんの拝観後、『らくたびツアー』は解散となりましたので、
私個人として、是非とも行きたかった大徳寺塔中の一つ『黄梅院』さんの特別拝観に
伺わせて頂く事に致しました。
といいますのは、以前、某さん(私の知り合いの方)からお話をお聴きしました際に、
こちらの『直中庭(じきちゅうてい)』というお庭が、非常に綺麗でしたよという
お話を伺っていたからなのです。

実際に、お寺の中を拝見させていただくと、お坊さんのお住まいになられている部分は、
建物は新しくされたようなのですが、利休の茶道の師である武野紹鴎(本来は森鴎外の
『おう』の漢字)が作ったとされる『昨夢軒』と呼ばれる四帖半の茶室を囲む様に
書院座敷が一体となっている建物の『自休軒』が非常に趣深く歴史を感じさせていました。

こちらの前に広がっていましたのが、その私が拝見させて頂きたかった『直中庭』です。
利休が66才のときに作られたもので、手前には豊臣秀吉の所望による旗印瓢箪を
かたどった池が配され、中央には不動三尊石を配しておりました。
眺めも非常に美しく、時間を忘れさせるような異空間がそこにはありました。

さて、こちらの拝観時間のギリギリまで、色々とお庭や庫裏を拝見させていただき、
色々と質問もさせて頂きまして、その『黄梅院』の前に一匹のワンちゃんが…
人通りが多いせいか、少し興奮気味でした。名前は『ベル』ちゃん。

その飼い主さんが、お坊さんで非常に色々な事にお詳しい方でしたので、
色々とお話を伺わせて頂きました。
そして、どちらのお坊様かとお尋ね致しますと、なんと先ほど拝観をさせていただきました
『黄梅院』さんの副住職様でございました。

また今後とも色々なお話を出来ましたらと、本HPの事もお話させていただきましたので、
もしかしたら、御覧になっておられるかもしれませんので、この場にて。

----------------------------------------------------------------------------
『黄梅院 副住職 様』

本日(昨日)は、お忙しい時間にもかかわらず、色々とお話を伺わせて頂きまして、
誠に有難う御座いました。このように非常にゆったりとしたサイトでは御座いますが、
このような形で少しでも京都の文化や今の京都を御紹介させていただいて、
京都の若い方々や京都以外方にもいろいろな面で触れていただき、感じていただければ
と思っております。

本当に、本日は貴重なお時間を誠に有難う御座いました。
また改めて、御連絡をさせていただければと思っております。
           
                                 一匹狼★NOB
----------------------------------------------------------------------------

という訳で、ちょっと私事をさせて頂きましたw
さて、特別拝観が始まり2日目が終了いたしました。
非常に多くの方が京都にいらしてくださっております。
古き都の文化・歴史に触れて、感じて、いただければ幸いです。


2005年10月30日

【雑談】本日は『らくたびツアー』へ行ってきます♪

<本日は『らくたびツアー』へ行ってきます♪>

おはようございます。本日は『らくたび』さん主催の
『らくたびツアー』に参加してまいります。

ちゃんと110のカメラも持っていきますけどね。
(ちなみに、110「ワンテン」とはフィルムの種類の事です。
そのフィルムを使うカメラが、私の中では110カメラと呼んでいます。)

「sister Holga(先日紹介)」と「ハリネズミカメラ」を
携帯していきます。もちろんデジカメもですよ♪
(ハリネズミカメラはまだ未紹介でしたね。)

という訳で行ってまいります。

2005年10月29日

【KYOTO★STYLE】『今年も着物で京都特典!きものパスポート』

<今年も着物で京都特典!きものパスポート>

そうそう、忘れておりましたね…
以前からお問い合わせがあったのに全く御紹介していない事がありました。
もう今月最初から始まっているのですが…

それは『Kyoto Kimono Passport』のお話。
きものを着て、このパスポートを持ち歩きますと、様々なお店や施設などで、
様々な特典が受けられる観光の皆様にとっては嬉しいイベントです。

具体的なサービス等は全てHPに記載されておりますので、
そちらを御覧の上、是非とも秋の京都観光に御活用していただければと思います。

『京都きものパスポートHP』http://www.kimono-passport.jp/

サイドバーの『SpecialFocus』のコーナーにもリンクをしておきます。
どうぞ京都の観光に御活用下さい。


【追記】

タイトル・本文共に改訂致しました。(2005.10.29.)

2005年10月28日

【KYOTO★STYLE】『京都で秋を見つけよう!赤く色づき始めた紅葉達』

<京都で秋を見つけよう!赤く色づき始めた紅葉達>

ここ数日、『日中は暖かく、夜になると寒い』という秋らしい気候が、
京都を包んでいますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今宵は少し早く秋の訪れを見つけましたので、皆様に御紹介を致します。
それが、こちらの写真でございます。

色付き始めた紅葉たち

お分かりでしょうか?たまたま見つけたのですが、紅葉が葉の外側から
徐々に赤く色付いている所です。もうすぐ完全に赤く綺麗に色付くと思います。

これから京都の様々なところでこれ以上の紅葉の美しさを目にする事と
思いますので、是非ともこの京都の雅な季節を楽しんでいただければと思います。

特に、永観堂や曼殊院門跡、嵐山、泉涌寺、醍醐寺など様々な紅葉の名勝が
ございますので、あなたのお気に入りの京都探しなどをして旅を楽しむ
いう事も京都の秋の楽しみ方でございます。

これからいよいよ紅葉の季節が本番です。
あなただけの京都トリップをお楽しみください。


【TB People】
autumn people
京都どす。
四季彩々
photo people
Photo TB People

続きを読む

【雑談】『Sister Holga、いよいよ現像♪』

<Sister Holga、いよいよ現像♪>

先日、御紹介を致しましたTOYカメラの『Sister Holga』の
フィルムを本日撮影を終え、現像に出しました。

コレに使う110フィルム自体なかなか手に入らないモノなのですが、
それを現像に出すんですから写真屋さんにもかなりお手数かけております…

近所の写真屋さんだと、仕上がりに1週間かかると言われてしまいましたので、
ついでに用事もありましたので、繁華街の写真屋さんへ。
すると、4日で仕上げてくれるという嬉しいお返事を頂きました。
とは言っても、休日を挟むので仕上がりは11月1日。

それまでは、ゆっくりと色々と撮影してみようと思っています。
仕上がったプリントは、ちょっとしたアルバムにして遊んでみよう
と現在は考えております。

結構、現像代が高かったので、その分しっかりとしたものにしたいと思っております。

そうそう、今度のらくたびツアーにこの写真機持っていきますよ〜。
晴れたら活躍すると思うので、かなり楽しみです♪

【新聞拾い読み】『秋の京、着物でいかが?』

秋の京、着物でいかが?
男性用も充実 下京で29日からレンタル


Kyoto Shimbun News 2005年10月25日(火)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005102500077&genre=I1&area=K10


●男性の京都の秋を着物で楽しむ

少し前の記事にはなるのですが、京都新聞でこの記事を見た時に、
これは、いい事だなぁと思いました。

といいますのは、結構カップルで京都にお越しになられる方が、
私の知っている限りでは、少なくないからなのです。
以前から友人・知人達には、『カップルでレンタルが出来る着物のお店を
どこか知りませんか?』というお問い合わせを頂いておりました。
一応、知ってはいたのですが、なんせ数に限りがあるので、
そんなに御紹介が出来ないところでございましたので、このような企画を
してくださる所が増えるのは非常に有難い事で御座いました。

以前ならば、東京からのカップルさんの時には、男性の方だけが、
カジュアルな服装で、女性の方だけが着物を着ておられまして、
非常に雰囲気的にも不釣合いな感じで、気の毒な事をしてしまいました。
(この方々は私のちょっとした古い友人なんですけどね、申し訳なかったです。)

少し前からリサーチをかけておいて、知り合いか何かの人に、
頼んでおいたら良かったのかもしれませんが、その時はなんせ突然でしたので、
用意もままならず、とりあえず宿だけはおさえておきました。

今年も数多くの観光客の皆さんが訪れる事と思いますが、
若いカップルの皆様、是非とも着物で一緒に秋を満喫して見てください。

という訳で、下にその企画をしておられる『きものステーション』さんを
リンクしておきましたので、是非ともご利用されてはいかがかと思います。

『きものステーション きもの秋ぶらり』



2005年10月27日

【お知らせ】京都新聞の『京都の紅葉情報 2005』をリンク致しました

<京都新聞の『京都の紅葉情報 2005』をリンク致しました>

こんばんは。今日は『渉成園』の記事から御紹介をさせて頂きました。
いかがでしたでしょうか?

とは言いましても、実はまだまだ多くの写真を撮影したのですが、
まだ構成段階でございまして、現在写真を選定いたしております。

もうしばらくお待ちください。
というか、もう色付いている頃ですので、再度、撮影を行い、
掲載させていただこうかとも考えております。



さて、京都新聞電子版さんの方で、この度『京都の紅葉情報 2005』という
特別サイトをオープンされました。

そこで、この『京都の紅葉情報』さんのサイトをSt.KYOTOサイト内
のサイドメニュー『SpecialFocus』のコーナーにリンクをさせて頂きました。
秋の京都散策に是非とも御活用を頂ければと思います。

『京都の紅葉情報 2005』はこちらから御覧下さい。


それでは、季節の変わり目ですので、どうぞ体調には十分留意ください。


【KYOTO★STYLE】『京都の中心に静かな秋の訪れ』東本願寺・渉成園

<京都の中心に静かな秋の訪れ>

先日、下京区下珠数屋町通りにある『渉成園(しょうせんえん)』
伺ってまいりました。
こちらは京都駅の近くに位置し、場所と致しましても、
京都市の中心地に近いところにあります。

しかも回りは、低い商業ビルが立ち並び、その真ん中に位置しているわけですから、
いわば、都会のオアシスのようなところといえるでしょう。

渉成園

そんな都会のオアシス『渉成園』にも秋の訪れを感じる事が出来ました。
そうなんです、少しずつではありますが、木々の葉が色付き始めていたのです。

私が訪れたのは、少し前ですので、そろそろ見頃を迎えるのではないかと思います。
是非とも京都散策の一つとして、御覧頂きたいと思います。

ちなみに、入場料は志納です。


★渉成園(しょうせいえん)

真宗大谷派本山の飛地境内地で周囲に枳殻(からたち)が植えられていた事から
枳殻(きこく)邸とも呼ばれています。
この地は、嵯峨天皇の皇子が作った六条河原院苑池の遺蹟と伝えられています。
寛永18年徳川家光により寄進、承応2年石川丈山によって作庭されたのが、
『渉成園』の始まりです。

安政5年と元治元年の火災により諸殿は焼失したが、慶応元年から明治初期に渡り、
復興が行われ、創始の頃と変わらない情景を今に残しています。

下京区下珠数屋通り間之町東入東玉水町
HP:渉成園HPhttp://www.tomo-net.or.jp
開園時間:午前9時から午後4時まで(受付は午後3時30分)



【KYOTO★STYLE】『勇壮にしなる剣(つるぎ)の舞・後半』粟田神社・粟田祭

<勇壮にしなる剣(つるぎ)の舞・前半>

随分遅くなりましたが、やっとの事で『粟田祭』の後半を投稿させて
頂く事が出来ました。
前半では数多くの説明をさせていただきましたので、ちょこちょこと説明を
させていただく程度にとどめ、写真を楽しんでいただこうと思います。

それでは、お楽しみください。

粟田祭の前半の記事は、こちらを御覧下さい!


●勇壮にしなる剣鉾

剣鉾の振り

こちらが、粟田祭の剣鉾です。
高さ4〜6m、重さ40〜60kgもある剣鉾を天に向けて掲げるのは、大変です。
この写真は、三条通りでの様子です。
(すいません、かなり画質落としました…)


後ろにちょこっと平安神宮

後ろにちょこっと平安神宮の鳥居が写っております。
この辺りは、電線がかなり入り組んでおりまして、また低いところに
張られています。
そのために、この辺りを通るのは『支え手の腕の見せ所』でした。


剣鉾の振り

その見せ所がこちらの写真です。
張られた電線に剣の先が引っかからないように注意しながら、
少しずつ前へ前へと進んでいきます。
このときばかりは、周りの見物客も固唾を飲んで見守っていました。
上手く引っかからずに通り抜けると、見物客からは
大きな拍手が沸き起こっておりました。

お神輿

剣鉾の振り

この剣鉾が通った後に続くのが、『お神輿』です。
前半も御紹介を致しましたが、こちらのお神輿は
大きくて迫力があります。
平安神宮をバックで撮れたのは、とても嬉しかったです♪
このまま御神輿は『粟田御所』こと『青蓮院門跡』へと向かい、
一気に階段を上っていきました。
このあと、粟田口周辺の氏子町を練り歩き、夜6時頃に粟田神社へと戻りました。


剣鉾の振り

という訳で、2回に分けて御紹介をさせて頂きました。
この辺りは、11月になりますと、秋を感じる紅葉の名勝に
囲まれた地域ですので、多くの方で賑わいます。

是非とも、散策していただければと思います。



【お知らせ&雑談】投稿文字を大きくしました&TOYCamera買っちゃいました♪

<投稿文字を大きくしました&TOYCamera買っちゃいました♪>

いつもSt.KYOTOを御覧頂きまして、誠に有難う御座います。
先日から色々と考えていたのですが、多くの方に見やすく御覧頂く為に、
文字を大きくさせていただく事と致しました。

初期の頃に実験的には、大きくして見たりしていたのですが、
ちょっと大きすぎかなと思っていたのですが、より多くの方に見やすく
見ていただくためには、大きくした方がいいかなぁと思いまして…

そのため、このような形に致しました。
基本的には表示文字サイズ『中』を基準とし、Fontサイズ3に
設定してあります。
何かありましたらコメント欄にご意見をお寄せ下さい。
宜しく御願いを致します。

●『sisterHolga』で演出を

さて、ここからは『雑談』を少しばかりさせていただきたいと思います。

実は、ここ数ヶ月前からどうしても欲しくてたまらなかった物が
ありまして、それが『トイカメラ』と呼ばれるカメラの中の
『SiterHolga』でございます。

SisterHolga

もちろん『Sister』と付くからには、姉妹品がありまして、
それが『Baby Holga』
もともとは『Baby』の方が、先に発売されていて、後に出来たのが
『Sister』の方なのです。

まだ一枚もシャッターを切っていないので、どのような絵になるのかは、
はっきりとしないのですが、前情報によると非常に懐かしい画質になるようで、
少しピンぼけ気味な感じに撮れるという事です。非常に気になっております。

実は、近日行われます「らくたび」さん主催の『らくたびツアー』の折に、
コレで撮影してこようとも思っています。
もちろん、2号機も持っていきますけどね♪
このコンパクトな『トイカメラ』は、この頃非常に人気でございまして、
色々な種類がございます。

京都観光にいらっしゃる折には、これらのカメラでちょっとした遊び心を
持ちながら、思い出作りをしてみませんか?

このカメラで、ちょっと自分達を演出なんていうのも面白いかなと思います。


ちなみに『Holga』とは、TOYCameraでは、かなり有名なモノ。
確か中国産なのですが、非常にユニークな癖のある画質を持っています。
どんなのが撮れるのか楽しみです。
京都の街角をコレで撮ってみれたらいいなぁと思っております。
さすがにデジタル処理は難しいかな…

★追記
ちなみに「BabyHolga」と「SisterHolga」のサイトは
こちらにございます。ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。
面白いのでオススメです♪
http://www.superheadz.com/baby_sister/index.html


About copyright
◆当Blog掲載写真について
本サイトにおける掲載写真については、下記リンクを御覧下さい。

*掲載写真について

©2004-2006 St.KYOTO all rights reserved.
Search
Google

wwwを検索
St.kyoto内を検索




Infomation
京の暦
『livedoor wiki』を用いて、京都の事を少しずつまとめております。暦は月ごとに更新しております。旅の計画にお役立て下さい。

京都ブログポータルサイト
京都の観光情報や寺社仏閣・史跡、歴史・文化・伝統、そして京町家や街並みなど、京都のあちこちを紹介するブログのポータルサイトです!
PhotoSlide
Recent Comments
My Link
■BlogPeople
★St.KYOTOを登録★by BlogPeople

■Mybloglist

Special Focus
●季節限定特別サイト●
KBS京都内『京の桜日記2007』
京の桜日記
京都新聞社内『京都の桜情報』
京都の桜情報
京都新聞社内『京都おもしろ宣言』
京都おもしろ宣言



■KYOTO■
(報道メディア)
・京都新聞社内『京菓子小町』

KBS京都内『Love*Kyoto』
Love*Kyoto
・ABC朝日放送内『京都BB』
http://www.asahi.co.jp/kyotobb/top.html
・MBS毎日放送内『京都見聞録』
http://www.mbs.jp/ky/
・KTV関西テレビ内『関西テレビ☆京都チャンネル』
http://www.kyoto-channel.com/

(自治体・協会等)
・京都市観光協会
京都市観光協会
・京都市観光文化情報システム
京都市観光文化情報システム
・京都市文化市民局文化課
京都芸術文化情報リンク
・京都館
http://kyotokan.jp/

(etc...)
JR東海サイト内『そうだ、京都、行こう』
そうだ、京都、行こう
・YSC-京の玉手箱
http://www.kyt-ysc.co.jp/index.htm
・京都じっくり観光
嵐山・嵯峨野散策ガイド
・京都和菓子協会
京都和菓子協会
・裏千家ホームページ
http://www.urasenke.or.jp/
・宗榮先生HP
http://www.15-1a.com/
・Keiko ASO's SEASONing
http://www.keiko-aso.com/


■京都の知識■
・京都新聞・電子版(京都のNews)
http://www.kyoto-np.co.jp/
・国際日本文化研究センター(歴史文献)
http://www.nichibun.ac.jp/
・京言葉(文法・アクセント)
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/
・さいさい京野菜倶楽部(京野菜)
http://www.joho-kyoto.or.jp/~furusato/
・京の駒札(京都の寺社仏閣説明)
京の駒札
フィールド・ミュージアム京都(京都の歴史検索)
フィールド・ミュージアム京都
・上京歴史探訪館
上京歴史探訪館
京都検定/全問題&解答(京都新聞電子版)
京都検定/全問題&解答


■伝統文化■
・能楽(独立行政法人日本芸術文化振興会)
能楽への誘い〜能楽鑑賞の手引き〜

・歌舞伎役者の屋号一覧(Wikipedia)
歌舞伎役者の屋号一覧


■Cafe■
東京カフェマニア


■Media■
『α−STATION』FM89.4Mhz
α-STATION InternetRadio『KYO.fm』
『三条ラジオカフェ』FM79.7Mhz
『fm GIG』FM81.8Mhz


★Personal
マカロニ・アンモナイト
TB京都おみやげ案内
TB京都どす
Profile
一匹狼★NOB
◆NOBの基本的な情報◆
6月生まれ。B型。
性格はおだやか。

■簡単なプロフィール■
京都で生まれ育つ。京都を見直すために、一時期、活動拠点を大阪に移すが、再び京都に活動拠点を戻す。京都市内であれば自転車で走っていく。趣味は、水泳、散歩、音楽を聴く、読書、サイクリング。PC歴8年以上。好きな食べ物は、出町ふたばの「豆餅」と緑寿庵 清水の「金平糖」。

◇好きな場所◇
賀茂川・鴨川・高野川・下鴨神社(糺の森)・京都御所・進々堂・円山公園・哲学の道・京都駅etc

★お気に入りのモノ★
お香・外国のStationery・和風小物・和食(おばんざい)・食器・お茶・本etc

□最近お気に入りの本□
茶の本・麻生圭子さんの本・京都関係の本etc

+ネット検定終了証一覧+
Yahoo!インターネット検定「認定アイコン」

○問い合わせはこちらまで○
info@st-kyoto.info
@はスパムメール対策の為、
全角に表示しています。


★Feed Meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/st_kyoto/

☆このWebBlogのメインHP☆
Blogpet
Ranking
Blog Rankingに登録をしました。
 blog Ranking

↑をクリックしていただくと、1票、投稿されます。もしよろしければ、ワンクリックしてください。
flickr
flickrを導入検討中です。
http://www.flickr.com/photos/kyoto-style/
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)