2005年09月

2005年09月29日

【京都のこころもち】『おもてなしのこころとは…』

『おもてなしのこころとは』

先日、とある場所で同席をさせていただいたお若い社長さんと
お話をさせていただく事となりました。
本当にたまたま同席させていただいたという程度なのですが。

その方と少し今の京都の事を色々と情報交換させて頂きました。
その中で話題となりましたのが、『おもてなし』というキーワード。

私も小さい時から色々な方にお世話になりましたので、
それなりに教えていただいた事が多くございます。
もちろんお相手の方もそのような環境で育たれたそうなので、
やはりその部分は気になるとの事でした。

でも、一番共通する事は『さりげなく押付けがましくない』ように、
お客様に接するという事です。
これは、どの業種においてもいえる事です。

しかし、そういう小さいところから行うのが、
『おもてなし』の基礎だと思います。
なかなか実際に行う事は難しいですけどね。

その一つ一つの積み重ねが、心ではないかなと思います。


【KYOTO★STYLE】『隠れた遺跡』御土居

<隠れた遺跡>

京都には昔から多くの遺跡があるのは知られておりますが、
なかなかその場所に行くのは大変です。

もちろんよく知っている地域や有名な場所なら別なのですが、
聞いたことはあるけど、伺ったことの無い場所は数多くある
のではないでしょうか。

その一つが、『御土居』だと思います。
京都の中心地は、昔、大きなお掘りと塀で囲まれておりました。
それが『御土居』と呼ばれるものです。
この話題に関しては本日の京都新聞の『歴史探検 京のみち』に
おきまして、大阪市立大助教授の仁木宏先生が取り上げられて
いらっしゃいます。

是非とも御覧になられてはいかがかとおもいます。

御土居

ちなみに北野天満宮の北側に今でも、御土居の跡は残っています。


【雑談】夜の東山から

918bf02e.JPGこんばんは。
先ほど帰宅を致しました。
更新が出来ず本当に申し訳ありません。
明日、朝にでも更新をさせていただく予定です。
ちなみに添付はケータイで撮影した夜の東山辺りからの眺めです。


2005年09月24日

【KYOTO★STYLE】『秋の御寺・泉涌寺』東山・泉涌寺

<秋の御寺・泉涌寺>

『京都の秋』といいますと、東山の辺りや大原・貴船界隈、
更には嵐山が定番となりがちですが、なかなか南のほうにも
魅力的なところが数多くあります。

その一つが、月輪山辺りに位置する『御寺・泉涌寺』でございます。

大門

泉涌寺さんは、広く『御寺(みてら)』と呼ばれて親しまれています。
それは、このお寺さんが皇室家と深いかかわりがあるからです。
といいますのは、四条天皇以降の歴代天皇が祀られておりまして、
そのことから、皇室からの信仰を受け、御寺と呼ばれるようになりました。

『泉涌寺』という名の由来は、寺の一角に出た湧き水から名付けられました。

仏殿

入口となる大門を抜けると、少し坂になっており、
両脇を木々に囲まれた参道が広がり、正面には大きな仏殿が、
訪れた我々を出迎えてくれます。

この仏殿は、釘などを一切使わず、木造のみで作られた建物で、
天井には狩野山雪が描いた『鳴龍』が描かれております。

本坊

仏殿の横を抜け、左手の奥へと行きますと、このお寺の本坊があります。
この本坊には、現天皇陛下がいらした部屋やお付の方の待合室など、
様々な部屋に展示がなされています。
(本坊を拝観する為には別の拝観料が必要です。)

お庭1

こちらが、泉涌寺のお庭です。こちらのお寺も様々な木々が、
植えられていて、全く違う異世界の空間が広がります。

私が訪れた折には、まだまだ、色づくには時間がかかる感じでしたが、
こちらの木々が赤く色付いた頃には、多くの参拝客を魅了する
世界が広がる事でしょう。

お庭2

別の角度から撮影したお庭の様子です。
こちらは、ちょうど平成天皇が訪れた玉座の間の前から眺めたお庭の様子です。
当時訪れた天皇さんも、さぞこのお寺のお庭に魅了された事でしょう。

お庭3

こちらは、濡れ縁から撮影させていただいたお庭の景色です。
夕方であればもっと綺麗だっただろうなと少し後悔しながらも、
これだけ綺麗であれば、その時々の一番いい顔を映せればと思っていましたので、
これでも十分なんですけどね。
また、秋には素晴らしい景色へと移り変わっていきます。

月輪陵

最後に訪れたのが、『月輪陵』です。
最初に御紹介を致しましたように、こちらには四条天皇以降の歴代天皇が、
数多く祀られています。その場所がこの『月輪陵』です。
他の陵とは違い、非常に立派な陵が建てられ、多くの参拝客が訪れます。


という訳で、今回は東山にございます『総本山 御寺・泉涌寺』を
御紹介を致しました。こちらの紅葉の見頃は、
11月初めから12月初旬までだそうです。

是非、皆様も京都に訪れた折にはご参拝される事をお勧めいたします。



★総本山『御寺・泉涌寺』
〒605-0977
京都市東山区泉涌寺山内町127
HP:http://www.mitera.org/



2005年09月21日

【KYOTO★STYLE】『秋の御寺・泉涌寺』をチョットだけ。東山・泉涌寺

<『秋の御寺・泉涌寺』をチョットだけ>

秋の彩りが少しずつ訪れ始めた京都では、すでに多くの観光客の
皆様が、京都の秋を求めて訪れておられます。

さて、まだ編集作業中に付き、全てを掲載する事は出来ませんが、
先日、『泉涌寺』へと行ってまいりました時の画像を本日は少しだけ
掲載をさせていただきます。

泉涌寺のお庭

『泉涌寺』といいますと、天皇家とも深いつながりを持つお寺です。
実際に現天皇や秋篠宮御夫妻もこちらを訪れて、このお庭を眺められました。
このお庭は、天皇がお座りになられた玉座の間の前の濡れ縁から撮影したものです。

紅葉の色が深まる頃、お庭には京都の秋の別世界が広がります。

2005年09月20日

【雑談】本日のお出かけと淡路の海の想い出

95c19cc2.JPG本日は、萩の宮・梨木神社へ行ってきました。
また、御紹介出来ればと思います。

諸事情により、明日に更新をさせていただきます。
ちなみに添付は、淡路島の夜の海です。
月夜の海も綺麗でした。
また行きたいです。


2005年09月16日

【雑談】淡路島最終日より帰宅

678b720f.JPG先ほど無事に帰宅致しました。
あぁ、疲れました…

帰り途中に足湯の後、寄り道をし、浜辺へ行くことになりました。
とてもお月様が綺麗でしたよ。

画像は浜辺から撮った夕暮れ時のものです。



2005年09月15日

【雑談】淡路島最終日

9a145119.jpg最後に洲本温泉の足湯に浸かってます。


2005年09月14日

【雑談】淡路島到着。

072aef06.jpg到着しました!!


【雑談】今日から仕事でお出かけ

b5fa074e.jpgおはようございます。
本日から淡路島に仕事で行ってきます。
帰宅は明日の予定でございます。
それでは行って参ります。


About copyright
◆当Blog掲載写真について
本サイトにおける掲載写真については、下記リンクを御覧下さい。

*掲載写真について

©2004-2006 St.KYOTO all rights reserved.
Search
Google

wwwを検索
St.kyoto内を検索




Infomation
京の暦
『livedoor wiki』を用いて、京都の事を少しずつまとめております。暦は月ごとに更新しております。旅の計画にお役立て下さい。

京都ブログポータルサイト
京都の観光情報や寺社仏閣・史跡、歴史・文化・伝統、そして京町家や街並みなど、京都のあちこちを紹介するブログのポータルサイトです!
PhotoSlide
Recent Comments
My Link
■BlogPeople
★St.KYOTOを登録★by BlogPeople

■Mybloglist

Special Focus
●季節限定特別サイト●
KBS京都内『京の桜日記2007』
京の桜日記
京都新聞社内『京都の桜情報』
京都の桜情報
京都新聞社内『京都おもしろ宣言』
京都おもしろ宣言



■KYOTO■
(報道メディア)
・京都新聞社内『京菓子小町』

KBS京都内『Love*Kyoto』
Love*Kyoto
・ABC朝日放送内『京都BB』
http://www.asahi.co.jp/kyotobb/top.html
・MBS毎日放送内『京都見聞録』
http://www.mbs.jp/ky/
・KTV関西テレビ内『関西テレビ☆京都チャンネル』
http://www.kyoto-channel.com/

(自治体・協会等)
・京都市観光協会
京都市観光協会
・京都市観光文化情報システム
京都市観光文化情報システム
・京都市文化市民局文化課
京都芸術文化情報リンク
・京都館
http://kyotokan.jp/

(etc...)
JR東海サイト内『そうだ、京都、行こう』
そうだ、京都、行こう
・YSC-京の玉手箱
http://www.kyt-ysc.co.jp/index.htm
・京都じっくり観光
嵐山・嵯峨野散策ガイド
・京都和菓子協会
京都和菓子協会
・裏千家ホームページ
http://www.urasenke.or.jp/
・宗榮先生HP
http://www.15-1a.com/
・Keiko ASO's SEASONing
http://www.keiko-aso.com/


■京都の知識■
・京都新聞・電子版(京都のNews)
http://www.kyoto-np.co.jp/
・国際日本文化研究センター(歴史文献)
http://www.nichibun.ac.jp/
・京言葉(文法・アクセント)
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/
・さいさい京野菜倶楽部(京野菜)
http://www.joho-kyoto.or.jp/~furusato/
・京の駒札(京都の寺社仏閣説明)
京の駒札
フィールド・ミュージアム京都(京都の歴史検索)
フィールド・ミュージアム京都
・上京歴史探訪館
上京歴史探訪館
京都検定/全問題&解答(京都新聞電子版)
京都検定/全問題&解答


■伝統文化■
・能楽(独立行政法人日本芸術文化振興会)
能楽への誘い〜能楽鑑賞の手引き〜

・歌舞伎役者の屋号一覧(Wikipedia)
歌舞伎役者の屋号一覧


■Cafe■
東京カフェマニア


■Media■
『α−STATION』FM89.4Mhz
α-STATION InternetRadio『KYO.fm』
『三条ラジオカフェ』FM79.7Mhz
『fm GIG』FM81.8Mhz


★Personal
マカロニ・アンモナイト
TB京都おみやげ案内
TB京都どす
Profile
一匹狼★NOB
◆NOBの基本的な情報◆
6月生まれ。B型。
性格はおだやか。

■簡単なプロフィール■
京都で生まれ育つ。京都を見直すために、一時期、活動拠点を大阪に移すが、再び京都に活動拠点を戻す。京都市内であれば自転車で走っていく。趣味は、水泳、散歩、音楽を聴く、読書、サイクリング。PC歴8年以上。好きな食べ物は、出町ふたばの「豆餅」と緑寿庵 清水の「金平糖」。

◇好きな場所◇
賀茂川・鴨川・高野川・下鴨神社(糺の森)・京都御所・進々堂・円山公園・哲学の道・京都駅etc

★お気に入りのモノ★
お香・外国のStationery・和風小物・和食(おばんざい)・食器・お茶・本etc

□最近お気に入りの本□
茶の本・麻生圭子さんの本・京都関係の本etc

+ネット検定終了証一覧+
Yahoo!インターネット検定「認定アイコン」

○問い合わせはこちらまで○
info@st-kyoto.info
@はスパムメール対策の為、
全角に表示しています。


★Feed Meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/st_kyoto/

☆このWebBlogのメインHP☆
Blogpet
Ranking
Blog Rankingに登録をしました。
 blog Ranking

↑をクリックしていただくと、1票、投稿されます。もしよろしければ、ワンクリックしてください。
flickr
flickrを導入検討中です。
http://www.flickr.com/photos/kyoto-style/
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)